自転車の保険

書類とペン

最近、法律が改正されて自転車乗りにはちょっぴり面倒なことになってきていますが、安全性を考えるとそれも当然のことになるのです。もともと自転車は車両であるのだから、交通ルールは厳しくてもおかしくないもので、これまでが甘すぎたとも言えるのです。さらに自転車と通行人の衝突事故など危険なものも増えていて、そこまでいかなくとも接触事故はしょっちゅうでしたし、それでいながら謝罪もなく、場合によっては気付かれることもなく逃げ去ってしまうのです。 しかし最近は歩行者との接触事故で、自転車側に賠償金などを求めることも多くなっていて、そういうことがあるからか自転車保険に需要が出てきて、加入する人が少しずつ増えてきているのです。

最も自転車保険は昔からありましたし、加入している人も一定数はいたのです。忘れているかもしれませんが、だいたいは自転車を購入する時に自転車保険に入るかどうか尋ねられますし、さほど保険料は高くないのでだいたいは入ることが多いのです。それでも少しの費用を惜しんで自転車保険の入らない人もいたのですが、何度かニュースで歩行者との接触事故、そこからの賠償金などを知って、加入する人が増えてきているのです。そしてこれは悪いことではなく、もしもの時に備えて保険に加入しておくのは大事なことなのです。 しかしながら一番大事なのは安全運転をするということで、それが出来れば接触事故も起きませんし、保険が必要とされることもないのです。